2014年10月01日

【マハゼ】







マハゼ.jpg

【名前】
マハゼ

【国内の生息域】
日本全域の海岸から汽水域・また純淡水まで広く分布している。

【生態】
産卵期は1月から5月くらいまで。
寿命は1〜2年
夏は浅瀬、冬は深場にいる。

【体長】
最大25p程になる。


【釣期】
春から秋にかけて
防波堤から釣るには夏場の暑い時期に限る
年中釣れるが、浅瀬による夏場が釣りやすい

【食性】
イソメ等のゴカイ類 オキアミ等 
河川ではミミズでも釣れる


【釣り方】

○餌釣り
 はぜ天秤(てんびん)の仕掛けが有名。
 天秤にナス型オモリと、ハリを付けて、イソメを小さく切って付ければ仕掛けの完成。
 防波堤の内湾や、浅瀬をコツコツと地面から浮かせてはちょっと移動させて落とす感じで探っていけばアタリが来る。
 口が小さいので、ハリと餌は小さ目にしないとハリが掛からない。
 アイナメやカレイもこの釣り方で掛かってくるので、五目釣りには良いかもしれない。

【釣る時間】
昼行性の為、朝から夕方。
夜は釣れない




【関連項目】
アイナメ
カレイ
posted by マチャ at 10:15| 海・防波堤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。