2014年12月15日

【 クロダイ 】






クロダイ.jpg

【 クロダイ 】

【名前】
クロダイ(正式名)
チンチン(20〜30p) → カイズ(30〜35p) →クロダイ(東京)
チヌ(関西)
ババタレ →チヌ →オオスケ(関西)
川鯛(川を遡上する事から)


【国内の生息域】
北海道南部以南
奄美大島以南からは生息していない。

【有名な釣り場】
浜名湖:サイトフィッシングが出来る

【生態】
 稚魚、幼魚期のクロダイは、夏から秋の間、内湾や沿岸域に定着し、特に淡水が多く、濁りがあるエサの多い河口域を好んで集まる。
 純淡水の中流域まで遡上する事もまれではない。
 秋から冬にかけて、内湾周辺の推進50m以浅の深場に移動し、低温をさけて越冬する。

【体長】
最大70pになる

【釣期】
春から秋

【食性】
雑食性が強く、甲殻類、イソメ等の多毛類、ウニ、小魚、また藻類等も食べる。
海藻や、スイカ、プチトマトをエサに釣る事もある。


【釣り方】
◦ルアーフィッシング
 ミノーを使ったルアーフィッシングが人気を集めている。

◦フライフィッシング
 カニやエビをモデルにしたフライを沈めて釣る。

◦エサ釣り
 フカセ釣り、落とし込み釣りが主流。

【釣れる時間帯】
小さいうちは昼行性が強いが、成長するにつれ、嗅覚が優れてくる為、夜行性になると言われている。
 この為、大型を狙うなら夜の方が有利と言うことだが、昼間でも釣れる為一概に言えない。


【関連】
スズキ(シーバス)
マダイ
イシダイ

posted by マチャ at 09:26| 海・防波堤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする