2014年12月20日

【 ホウライマス 】

ホウライマス.png

【名前】
ホウライマス(ニジマス 突然変異種 )
鳳来鱒


【国内の生息域】
各地管理釣り場

【特徴】
ホウライマスは、愛知県水産試験場・鳳来養魚場で発見された無班のニジマス。1964年に孵化した数万匹の中の一匹を、普通のニジマスと交配させたところ70%が無班のニジマスになった事で固定化された。
 現在は色んな管理釣り場で見ることができる。

 

【生態】
 ニジマスと同じ。昼行性で、獰猛な性格。冷水を好み、沢や上流部に生息するが、海へ降りる個体もいる。
しかし、ほとんどが養殖物である。天然のホウライマスに出会う事は稀。



【体長】
最大90p程になる。


【釣期】
秋から冬の活性が高い、冷たい水を好むため。


【食性】
羽虫、昆虫、小魚、甲殻類、水生昆虫等


【釣り方】

○ルアーフィッシング
 スプーンやスピナー、ミノーが一般的。

○フライフィッシング
 ドライフライ(浮くタイプ)でも、ニンフ(沈むタイプ)でもアタックしてくる。
 管理釣り場では、フライの方が実績あり。

管理釣り場や釣堀で人気のあるゲームフィッシュなので、あまり餌釣りで釣る事はないが、ミミズやブドウ虫で釣る事は容易だと思う。
 ニジマスはイワナやヤマメに比べて貪欲なので、管理釣り場で一番釣りやすい魚であることは間違いないと思う。
 

【釣れる時間】
 日中。朝マズメは最も釣りやすい時間帯と言える。



【関連】
ニジマス
ドナルドソン
スチールヘッド
ヤシオマス










posted by マチャ at 10:20| 養殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする