2015年01月05日

【 スズキ 】



スズキ.jpg

【名前】
セイゴ(30p以下)
フッコ(60p以下)
スズキ(60p以上)
シーバス


【国内の生息域】
北海道南部以南の全国沿岸


【生態】
 基本的に夜行性だが、雨や悪天候、川の濁りがある時等は昼間も活動的にエサを追う。春から秋にかけては内湾や沿岸部で生活し、水温が下がると沖の深場で生活する。汽水域や純淡水にも適応でき、夏は鮎の遡上に合わせて、鮎を追って川を遡上する為、海から何十キロもはなれた川でも遡上するのは稀ではない。


【体長】
最大120センチになる。


【釣期】
周年通して釣れるが、一般的には秋が最盛期と言われる。
晩秋から初夏までは、虫エサへの反応も良いが、夏から秋はベイトフィッシュが豊富なことから、ルアーへの反応が良くなる。


【食性】
 オキアミやエビ等の甲殻類、 ゴカイ・青イソメ等の多毛類。
アジやイワシ等の小魚。河口域では鮎を好んで捕食する。


【釣り方】

◦ルアーフィッシング
 夏から秋にかけて、日中では悪天候、雨や川の濁りがある時に、ルアーへの反応が良い。
 メタルバイブレーションは初心者には扱いやすい。
 バス釣り等と、違い撒く速さが断然早いので、バス釣りとシーバス釣りのスピード感の違いを理解しなければならない。
 もし、まくスピードがわからない時は、近くのアングラーを見て歩こう。

 シーバスフィッシングは、バスフィッシング同様人気のあるスポーツフィッシングであるため、様々なルアーがあるし、釣り方も多岐にわたる。


◦フライフィッシング
 シーバスゲームをフライフィッシングで行う人も増えているが、ワカサギや鮎に似せたフライや、ストリーマーと言われる魚をイメージしたフライを飛ばすが、トラウトフィッシングの様に、じっくり見せながら寄せるという感じではなく、フルキャストしたラインを5回、6回のリトリーブで回収してしまう様に早く動かす必要があります。
 キャストしたら、タナを探る為にカウントダウンを行い、そこからリトリーブは早く早く・・・といった感じです。
 フライフィッシングでのシーバスはせわしいし、アピール力がルアーに敵わないので、数をあげたい人はルアーの方が成績が出ている。


◦エサ釣り
 【ウキ釣り】
 夜のウキ釣りは、電気ウキを使い、青イソメをエサに釣るのが一般的。
 青イソメが良く動くように、二・三匹をチョン掛けにしておくと、イソメも死ににくく、良く動くのでアピール力抜群です。

 【泳がせ釣り】
 アジ等の小魚を生き餌にして釣ります。
 電気ウキ仕掛けに、アジを背掛けにして釣ります。

 【エビ撒き釣り】
 生きているスジエビを撒きエサに使い、撒きエサにしているエビをエサにして釣ります。
 生きエビの調達が自分でできる人にとっては、とても有効な釣りですが、釣り具屋等で買えたとしても高額になるので、スポーツフィッシングとして楽しむだけに釣るなら、コストが掛かりすぎますので、おススメはできません。


シーバスの詳しい釣り方


【釣れる時間】
 基本的に夜。
 日中では、雨、川の濁りが強い時等につれ安い。


【関連】
ブラックバス
アユ
スズキ 泳がせ釣り
シーバス −シンキングミノー−








posted by マチャ at 10:32| 下流・河口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。