2015年01月22日

【タケノコメバル】






E382BDE382A4.jpg

【名前】
タケノコメバル
ベッコイウゾイ


【国内の生息域】
北海道南部から九州の沿岸部や岩礁域。


【生態】
 卵胎生。浅い岩礁域や防波堤周りに生息し、昼は住処で身をひそめ、夜に外に出て捕食活動をする。


【体長】
最大40センチ程になる

【釣期】
12月〜翌5月頃迄
冬の期間


【食性】
 動物食性で小魚、甲殻類、多毛類などを捕食する。


【釣り方】
◦ルアーフィッシング
 アイナメと並び、底をワームで探りながら釣る方法が主流。
 ジグヘッド+ワーム
 キャロライナリグ
 スプリットショットリグ等がよく使われる。
 メバリングの時に混じることもしばしばある。

◦エサ釣り
 天秤仕掛けや、ブラクリ等にアオイソメを付けて底を探ると良く釣れる。


【釣れる時間】
昼は、住処で隠れているので、穴釣り。
夜は、住処から出て捕食活動をしているので、沿岸部全域。




【関連】
メバル
メバリング
タケノコメバル −ジグヘッド−

posted by マチャ at 11:46| 海・防波堤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。