2015年02月02日

【ナガレモンイワナ】

ナガレモンイワナ.JPG


【名前】
ナガレモンイワナ



【国内の生息域】
琵琶湖流入河川に4個体群
青森県に1個体群と全国でも極限られた水系でのみ生息が報告されている幻の魚
姉川水系が有名


【生態】
 体にパーマークがまるでなく、虫食い模様があるナガレモンイワナは、ヤマトイワナの変異型と考えられている。
 冷たくて綺麗な水を好むイワナは、河川の源流域、ヤマメの生息域より上流に住み、夏場でも水温が15℃を上回らない場所にいる。
 
 産卵は、10月から11月頃。
 


【体長】
最大30p程になる。




【釣期】
春から秋にかけて。
漁業組合の禁漁期間と、県の内水面漁業調整規則に従う。




【食性】
小魚、両生類、甲殻類、ネズミや蛇などの陸生動物、水生昆虫等の肉食性。



【釣り方】

◦ルアーフィッシング
 ミノー
  小魚を演出するミノー、シンキングタイプをを使った渓流釣りが人気。
 スプーン
  管理釣り場用の小型スプーンを使う人が多い。


◦フライフィッシング
  ドライフライ
   源流で深い場所を探るわけではないので、ドライフライが基本となる。

  ニンフフライ
   プールがあり、深い場所を探る場合は、ニンフで沈め、インジケーター(ウキ)の反応を見て釣る。


◦餌釣り
 ミャク釣り
  渓流竿、3.5〜5mくらいまでのもので、エサはキジ、ドバミミズ、川虫等を使う。



【釣る時間】
昼行性の為、日中。


【希少魚】
 ナガレモンイワナはとても希少な存在であるため、釣り上げたとしても食べるのではなく、リリースし、ナガレモンイワナの生存を第一に考えてもらいたい魚ですので、みんなで協力して保護しましょう。



【関連項目】
ヤマメ
ヤマメ −ミャク釣り−
イワナ
オショロコマ
ヤマトイワナ
ミヤベイワナ
ニッコウイワナ
ゴギ
カワサバ
カワマス
ジャガートラウト





posted by マチャ at 15:58| 怪魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。