2015年03月03日

【 アマゴ 】

アマゴ.JPG


【名前】
アマゴ

【国内の生息域】
神奈川県西部以西
琵琶湖
九州の一部
近年では、遊漁の為の放流が各地で行われているので、他の地域でも確認されている。


【生態】
サケ科のサツキマスの陸封型がアマゴ
降海系のサツキマスは陸封型の個体よりはるかに大きく、海にいったん降りて成長した後に、産卵の為に川を遡上してくる。
陸封型は渓流域で、岩陰に縄張りを持ち、流れてくる虫や小魚を捕食する。
警戒心が強く、すばしっこい為、渓流魚の中でも釣る難易度の高い魚。

身体の模様が似ているものにヤマメがいるが、アマゴとヤマメの違いは、アマゴが体に赤い斑点があるのに対し、ヤマメはないので、見慣れれば一目瞭然である。 下はヤマメ

ヤマメ.jpg



【体長】
最大25p程になる。
また、アマゴの降海系のサツキマスは40pにもなる。

【釣期】
4月〜9月末(漁業組合の定める期間)
厳密に言えば、年中釣れるが、密漁になる為NG。


【食性】
小魚や、羽虫、水生昆虫等の肉食



【釣り方】
○ルアーフィッシング
 スプーンやスピナー、ミノーを使った釣りが一般的。

○フライフィッシング
 虫の多い季節、流れが緩やかな場所でのドライ(トップウォーター)は面白い。
 
○餌釣り
 ミャク釣りが基本。餌はブドウ虫やピンチョロ、キジ等
 ドバミミズを使う人があまりいないが、かなり釣れる。また餌が調達できない場合、アマガエル等を針につけて、流すと釣れる。
 しかし、カエルだとアマゴよりも、ウグイのほうが極端に釣れてしまう。


【釣る時間】
時間を選ばず釣れるが、朝マズメ夕マズメはおさえておきたい。日中でも釣れる。




【関連項目】
サクラマス
ヤマメ
サツキマス
イワナ
カワサバ
ヤマメ −ミャク釣り−





posted by マチャ at 12:46| 渓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする