2015年03月17日

【コバルトマス】

コバルトマス.png


【名前】
コバルトマス
コバルトニジマス

【国内の生息域】
脳下垂体中葉の異常により体色がコバルトブルーに変化したニジマスの事。
自然界で見れる事は極稀。

小菅トラウトガーデンで釣れる


【生態】
 脳下垂体中葉の異常で、体の色素に影響を与えた為にコバルトブルーになっているが、成長は遅く、生存率も低い。生殖能力は無く、この形質は劣性遺伝する。またコバルトマス病気にかかりやすい為、その姿を見れるのは稀。
 


【体長】
最大40p程になる。


【釣期】
秋から冬の活性が高い、冷たい水を好むため。


【食性】
羽虫、昆虫、小魚、甲殻類、水生昆虫等


【釣り方】

○ルアーフィッシング
 スプーンやスピナー、ミノーが一般的。

○フライフィッシング
 ドライフライ(浮くタイプ)でも、ニンフ(沈むタイプ)でもアタックしてくる。
 管理釣り場では、フライの方が実績あり。

管理釣り場や釣堀で人気のあるゲームフィッシュなので、あまり餌釣りで釣る事はないが、ミミズやブドウ虫で釣る事は容易だと思う。
 ニジマスはイワナやヤマメに比べて貪欲なので、管理釣り場で一番釣りやすい魚であることは間違いないと思う。
 

【釣れる時間】
日中しか釣った事がありません。


【特定外来生物法】
 ニジマスは、日本人の市民権を得たように思えるが、北海道ではブラックバス同様、在来種に与える被害が拡大し、問題は深刻化している。
 北海道のイワナ種オショロコマはその餌食になっている。
 日本の希少種がニジマスやブラウントラウトによって現象している現実もあるため、安易に放流してはいけないということだろう。


【関連】
ドナルドソン
ホウライマス
ヤシオマス








【関連する記事】
posted by マチャ at 14:15| 幻の魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする