2015年03月25日

【ヒラメ】

P1030673.JPG

【名前】
ヒラメ(平目)正式名称
≪地方名≫
カレ
オオグチガレ
ソゲ(ゾゲ)(東京 1s以下)
オオクチ
テックイ
ハス
オオガレイ
メビキ
ホンガレイ
てっくい(北海道)

また、大型のものを「座布団」等と表現される。


【国内の生息域】
日本各地の岩礁地帯付近の砂地。


【生態】
 砂底を好み、岩礁地帯付近の砂地に生息している。冬は深場所に移動し、産卵期(3〜7月)には、水深20m以内のに浅場に移動して行う。河川や湖沼などの汽水、淡水域まで侵入する。
 



【体長】
最大100センチ程になる


【釣期】
11月〜翌4月頃迄
冬の期間


【食性】
 小魚、甲殻類、多毛類、貝類等の肉食性


【釣り方】
◦ルアーフィッシング
 近年砂浜(サーフ)からのルアーフィッシングが人気を集めている。
 使用するルアーは、メタルジグメタルバイブレーションシンキングミノーワーム等ヒラメを釣るためのルアーは数多く売られるようになっている。


◦エサ釣り
 アジ等の小魚を使った「泳がせ釣り」(呑ませ釣り)が一般的。
 小さなアジを生きたままハリにかけて、生き餌釣りをする。ウキ仕掛けではなく、オモリを付けて海底まで落とし、アジを泳がせて釣る。
 泳がせる魚はアジの他に、小さいサバ、イワシ、小さいボラ、ウグイ等様々な魚が餌に使える。
 ヒラメはエサを齧った後に、飲み込むまで時間がかかるので、即アワセはせずに、竿に重みがかかるまでじっくり待つのがポイント。「ヒラメ40」という言葉は、アタリがあってから「40秒」待ってからアワセるという意味です。



【釣れる時間】
天気の良い日は、朝マズメが一番釣れる。
悪天候の時や、濁りがある時は日中でも釣れる。



【関連】
カレイ −天秤仕掛け−
アイナメ










posted by マチャ at 12:09| 海・防波堤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。