2015年03月25日

【アカエイ】

P1050670.JPG

【名前】
アカエイ(正式名称)
エブタ(和歌山県)
アカマンタ(沖縄県)
アカヨ、ホンエイ等


【国内の生息域】
北海道南部〜日本全域各地の浅海の砂地。河口、汽水域にも進入する。


【生態】
 砂底を好み、岩礁地帯付近の砂地に生息している。普段は砂底に浅く潜り、目と噴水孔、尾だけを砂の上に出す。産卵は夏場で、浅瀬で産卵する為、暖かい季節に遭遇しやすい。
 



【体長】
尾を入れた体長は最大200センチ程になる


【釣期】
5月〜9月頃
夏の期間


【食性】
 肉食性で、貝類、頭足類、多毛類、甲殻類、魚類など底生生物を幅広く捕食する。
 アサリ等の漁場では食害が問題になっている。


【釣り方】

◦エサ釣り
 ブッコミ釣りで、魚の切り身等を付けておくと掛かってしまう事がある。
 魚の切り身にとわず、イソメ類等を付けていても掛かってしまうので、本命が釣れるかアカエイが釣れるかは運に任せるしかない。



【釣れる時間】
日中は砂に潜っている。
夜釣り。アナゴを狙っている時等に外道としてよく釣れる。


【エイの毒】
エイには、尾に毒針があり、その毒針に刺されると最悪の場合死に至るケースもある「タンパク質毒」をもっている。

≪エイの毒針≫

アカエイ 毒.png
134969031782313122412_DSC00980.JPG


≪毒の対処法↓↓↓≫



【関連】
カレイ −天秤仕掛け−
アイナメ








posted by マチャ at 14:25| 汽水域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。