2015年04月24日

【磯撫で(いそなで)】

磯撫で.png

【名前】
磯撫で(いそなで)


【国内の生息域】
肥前松浦をはじめ西日本近海


【言い伝え】
北風が強く吹くと現れ、近くの海を通りかかる船を襲う。その襲い方は実に巧みで、水を蹴散らして泳ぐのではなく、あたかも海面を撫でるかのように近づき、人を襲うまでは決して姿を見せない。
そして尾びれの針で人を引っ掛けて海中に落とし、食べてしまう。

船に乗っている人は、磯撫での接近にまず気づくことはない。
何となく海の色が変わったと思った時点で既に手遅れであり、仰ぐような風を感じると、それが海面から浮かび上がった磯撫での尾の起こした風である。磯撫でが現れたと気づいた頃には、既に尾びれで捕えられている結果となる。

船乗りにとっては決して防ぐことのできない恐るべき存在であり、また魚を釣るはずの人間が逆に魚に釣り上げられてしまうという、皮肉な存在でもある。

「磯撫で」の名の由来は、海面を撫でるかのような現れ方が由来という説や、尾びれで人を襲う様子が撫でるように見えるという説がある。

三重県熊野市では、海辺に死人がいると「磯撫でに撫でられたのだろう」といわれたという。

また、似たようなものに「影鰐(かげわに)」がいて、磯撫でと同種とみられている。

【生態】
不明
巨大な鮫やシャチなのではないかと言われている。

【体長】
不明


【釣期】
不明

【食性】
伝説によれば、人を襲う。

【釣り方】
不明

【釣る時間】
不明




【関連】
大鳥池のタキタロウ
高浪の池のナミタロウ
岩魚坊主
松川さま





posted by マチャ at 11:07| 伝説の魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする