2015年05月25日

【ホワイトバス】

ホワイトバス.png

【名前】
ホワイトバス

【国内の生息域】
茨城県霞ケ浦では1927年頃に導入事例があり、2000年頃に捕獲された事例はあるものの定着は未確定

原産地は北アメリカ
カナダのセントローレンス川
ミシシッピ川



【生態】
 河川の緩流域や湖沼等の止水域に群生し、産卵は春から初夏。回帰性があり、多くの個体が前年と同じ場所に戻って産卵する。
 近い種にストライプバスがいるが、ストライプバスとの交雑種「サンシャインバス」はストライパー等の名前で日本の管理釣り場等で釣れる。


【体長】
最大45p程になる。


【釣期】
春から晩秋


【食性】
水生昆虫、小魚、両生類等


【釣り方】

○フライフィッシング
 ストリーマー等の小魚に模したフライを使うのが一般的。


○ルアーフィッシング
 ブラックバス同様様々なルアーが用いられる。




【釣る時間】
時間を選ばず実績がある。
朝夕マズメは好機



【関連項目】
ブラックバス
ストライプバス
サンシャインバス




posted by マチャ at 11:25| 国内定着未確定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。