2015年06月26日

【バラマンディ】

バラマンディ@.jpg

【名前】
バラマンディ(正式名称)
オーストラリアンアカメ
オーストラリアアカメ
オーストラリアンラテス
インディアンアカメ
インドアカメ
インディアンラテス等


【生息域】
ペルシャ湾東岸から中国南部・台湾、南はオーストラリア北部まで、東インド洋と西太平洋の熱帯域に広く分布する。
オーストラリア北部から、パプアニューギニア、インドネシア、タイ等の東南アジアの太平洋沿岸部に棲息する魚です。産卵は10〜1月。


【生態】
塩分に対して幅広い適応性があり、沿岸の浅海・汽水域・河川を往来しながら生活している。成長に伴い雄から雌へ性転換する。
日本固有種のアカメに似ているが、目に照明を当てるとアカメは赤く光るがバラマンディは赤ではなく金色に光る。


【体長】
最大200p程になる。


【釣期】
オーストラリアでは通年釣れますが、水温の低くなる冬場、6月から8月にかけては活性が低くなり、 釣果、サイズ共に、夏場に較べて落ちるのが普通です。ケアンズでは、雨季の直前から雨季の始まり、10月〜1月頃が最も釣れやすくなります。 雨季の始まりには河川の河口域、上流域、あるいは海岸部に広く分布していた大型のバラマンディが、 産卵の為、河口に集まってくるからです。


【食性】
食性は肉食性で、小魚・甲殻類などを捕食する。幼魚は河川の水生昆虫も食べる。


【釣り方】
◦ルアーフィッシング(バラ・フィッシング)
 現地ではとても人気のターゲット。


◦餌釣り
 ウキ釣り。ライブベイト(生きた小魚やエビ)を使ってよく釣れる。
 しかし、動いていなくても死んだエサを使い釣られるケースもある。



【釣る時間】
夜行性の為暗くなってからが高活性。
昼間でも釣れた実績は多い。




【関連項目】
アカメ








posted by マチャ at 14:47| 国外巨大淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。