2015年09月01日

【コブダイ】

コブダイA.png

【名前】
コブダイ (瘤鯛)
モイオ(北陸)
モブシ(関西)
その他・カンダイ、イザ、イラ(混称)、コブなど


【国内の生息域】
茨城県、佐渡以南の日本各地沿岸の岩礁域などに生息
特に黒潮の影響が少ない日本海や瀬戸内海に多い。
淡路島のコブダイ釣りは知る人ぞ知る名スポット。
北限は北海道道南地方、松前小島では初夏から夏場にかけてコブダイ釣りが楽しめる。


【生態】
コブダイは雌性先熟で、子供の頃はメスで、卵を産む。50センチを超えるとコブが張り出してきて、オスに性転換する。
産卵期は春季。

コブダイはハーレムを創る魚として有名であり、雄は自分のテリトリーを主張し、そこに入ってきた他の雄を容赦なく攻撃して、縄張りを確保しながら、複数の雌を呼び寄せる性質を持つ。また、幼魚には手を出さず、幼魚はそうして成魚に守られながら成長し、学習していくともいわれる。
非常に強力な顎と硬い歯でサザエやカキ、カニなどをかみ砕き、喉の奥の咽頭歯で更に砕いて中の肉を殻ごと食べてしまう。繁殖は雄と雌が海上付近で体をくねらせながら産卵、受精する。
本種は暖海性だが、死滅回遊魚でもあり、黒潮に乗って、北海道付近にまで北上することもある。
寿命は20歳前後とされている。


【体長】
最大100p程になる。


【釣期】
周年
最盛期は5月頃と言われている。


【食性】
甲殻類や貝類など。


【釣り方】
◦餌釣り
 【ヘチ釣り(落とし込み釣り)◦フカセ釣り等】
 アオイソメを房掛けにして防波堤のヘチなどに落とし込み釣り上げる。
 アワセたら、根に潜られないように岸から引き離すように力いっぱい引き離す。その際、とても重い魚なので太い竿でないととうてい持たない。
ラインは20lb.くらいあると良い。


【釣る時間】
日中


【関連項目】
アオブダイ






posted by マチャ at 11:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。