2015年09月01日

【イシダイ】

イシダイ.jpg

【名前】
イシダイ (石鯛)
スサ(熊本)
ヒサイオ(鹿児島)
コウロウ(高知)
クロクチ(広島)
ワサナベ(和歌山)
ナベダイ(愛知)
その他・シマダイ、サンバソウ、クチグロ、ギンカゲなど


【国内の生息域】
北海道以南の日本各地の沿岸の岩礁域


【生態】
北海道以南の日本各地、朝鮮半島南部、台湾に分布するが、ハワイ州でも記録がある。特に西日本沿岸で個体数が多い。よく釣れる水温は18-24度で、極度の高温・低温は好まないとされる。また、水温により成長に差がつくとも考えられている。7kgを超える個体は九州南部、四国南部、紀伊半島、伊豆半島南部、伊豆諸島、ベヨネース列岩で捕獲又は釣られているが、小笠原諸島、佐渡島、男鹿半島等では見られないことから推測出来る。
暖流に面した、浅い海の岩礁域に生息する。成魚は海底の岩陰や洞窟に潜んだり、海底付近を泳ぎ回る。
食性は肉食性で、甲殻類、貝類、ウニ類などのベントスを捕食する。これらの動物の頑丈な殻も、くちばし状の顎で噛み砕いて中身を食べる。
イシダイの老成魚を「クチグロ」という。
【クチグロ】
クチグロ.jpg

また、イシガキダイと交雑する事がしられており、交雑種を「キンダイ」という。
【キンダイ】
石鯛×イシガキダイ.jpg


【体長】
最大80p程になる。


【釣期】
春から秋にかけて


【食性】
主にエビなどの甲殻類や多毛類を食べる。
貝類やフジツボ、ウニなどの硬い殻も噛み砕いて食べてしまう。


【釣り方】書かなくて良し
◦餌釣り
ブッコミ釣り・フカセ釣りが主流。
アオイソメ、オキアミ、ウニ、貝等を付けて釣る。


【釣る時間】
明け方から日中


【関連項目】
イシガキダイ
キンダイ
クロダイ
カンダイ









posted by マチャ at 12:55| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。