2015年09月01日

【ギンブナ】

ギンブナ.jpg

【名前】
ギンブナ (銀鮒)
ヒワラ(琵琶湖)
マブナ
ヒラブナ
フナなど



【国内の生息域】
日本各地に分布。平野部の河川や池、沼などに生息する。


【生態】
河川や平地の沼や池などに生息し、河川では下流域の淀みや支流との合流地点に多く見られる。
水質の汚染にも強い。
キンブナよりも背びれ軟条数が多いため、長く見える。また、比較的体高があり、体長も30cmまで達する。
産卵期は4〜6月頃。


【体長】
最大30p程になる。


【釣期】
ほぼ周年。

【食性】
動物プランクトンのほか、藻類や底性動物などを食べる。



【釣り方】
◦餌釣り
 ウキ釣りが主流。キジや練りエサで釣る。


【釣る時間】
明け方から夕方まで
日中

 
【関連項目】
キンブナ

ヘラブナ








posted by マチャ at 15:51| 沼・湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。