2015年09月01日

【オヤニラミ】

オヤニラミ.jpg

【名前】
オヤニラミ (親睨)
ミコウオ(兵庫)
ネコノマイ(中国地方)
ヨツメ(広島・九州北部)
ネラミ(山口)
セイベイ
ミズクリセイベイ(福岡)
カワメバル(長崎)など



【国内の生息域】
日本や朝鮮半島などの川の中流域やその支流など。


【生態】
河川の中流域やその支流となる小川や用水路などに生息し、水が澄んで流れの穏やかな場所を好むが、川底がほとんど砂というような場所では見られず、水草の多い、水深50cm前後の岸近くに多く見られる。

群れはつくらずに、雄雌ともに一年を通して縄張りを持った単独生活をする。

繁殖期は5月を盛りにして4月下旬〜9月。

ブラックバスやブルーギルの繁殖により、生息域を狭めている。
絶滅が危惧される種。


【体長】
最大15p程になる。


【釣期】
春から秋

【食性】
甲殻類や水生昆虫、小型魚類などを食べる。


【釣り方】書かなくて良し
◦ルアーフィッシング
小型のメタルジグ、スプーン、クランクベイト等、ルアーへの反応も良い。

◦餌釣り
ミミズをエサにウキ釣り、ミャク釣り等


【釣る時間】
日中。



【関連項目】
ブラックバス
ブルーギル






posted by マチャ at 16:11| 中流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする