2015年09月07日

【イワトコナマズ】

イワトコナマズ.jpg

【名前】
イワトコナマズ (岩床鯰)


【国内の生息域】
琵琶湖淀川水系の岩場など


【生態】
琵琶湖と余呉湖、それに繋がる河川などに分布する琵琶湖淀川水系の固有種で、他のナマズ類が泥底などを好むのに対して、イワトコナマズは主に岩場に生息し、これがイワトコ(岩床)の由来になっている。

繁殖期は5月初旬〜7月中旬頃。


【体長】
最大60p程になる。


【釣期】


【食性】
底性の小型甲殻類や水生昆虫を捕食していると考えられている。
また、フナなどの小魚も食べる。


【釣り方】書かなくて良し
ルアーフィッシング
ジッターバグ等のノイジー系、ポッパー系等トップウォーター系が主流。

◦餌釣り
ウキ釣り
餌はドバミミズや魚を泳がせて釣る。


【釣る時間】
夕方から夜明けまでが警戒心が薄く捕食行動にでる。
日中でも釣れる。

【関連項目】
ビワコオオナマズ
マナマズ



posted by マチャ at 14:33| 沼・湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする