2015年09月29日

【オショロコマ】

オショロコマ.JPG

【名前】
オショロコマ
カラフトイワナ
イワナなど


【国内の生息域】
日本では北海道だけに生息している。

【生態】
河川の最上流域に多く見られるが、知床半島の河川では上流から河口域まで見られる。

また、北海道東部の一部では湿地帯なども生息している。

産卵期は10〜11月頃。

オショロコマは日本では稀だが、海に降りる事もしられており、その降海型を「ドリーバーデン」という。

【ドリーバーデン】
ドリーバーデン.jpg


【体長】
最大60p程になる。


【釣期】
春から秋。オショロコマは漁業権が設定されている河川・湖沼はほとんどない。
亜種のミヤベイワナが生息する然別湖では、期間と人数を限って毎年解禁している。



【食性】
河川では水生昆虫や落下昆虫、トビケラやカゲロウなどの底性生物などを主に食べるが、小魚や小型の甲殻類なども食べる。



【釣り方】
【釣り方】

◦ルアーフィッシング
 ミノー
  小魚を演出するミノー、シンキングタイプをを使った渓流釣りが人気。
 スプーン
  管理釣り場用の小型スプーンを使う人が多い。


◦フライフィッシング
  ドライフライ
   源流で深い場所を探るわけではないので、ドライフライが基本となる。

  ニンフフライ
   プールがあり、深い場所を探る場合は、ニンフで沈め、インジケーター(ウキ)の反応を見て釣る。


◦餌釣り
 ミャク釣り
  渓流竿、3.5〜5mくらいまでのもので、エサはキジ、ドバミミズ、川虫等を使う。


【釣る時間】
日中
朝マズメ



【関連項目】
イワナ


【日本で釣れる珍しい魚達】


posted by マチャ at 13:02| 渓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする