2015年10月02日

【 マアナゴ 】

アナゴ.JPG

【名前】
マアナゴ
アナゴ
穴子



【国内の生息域】
北海道以南から東シナ海まで分布。


【生態】
浅い海の砂泥などの底質に生息する。昼間は底質に潜って休み、夜になると泳ぎ出て獲物を探す。食性は肉食性で、小魚、甲殻類、貝類、頭足類、多毛類などいろいろな小動物を捕食する。


【体長】
最大100p程になる。


【釣期】
春から秋にかけて。(4月〜10月頃まで)
真夏が最盛期




【食性】
小魚、両生類、甲殻類、、水生昆虫等の肉食性。
釣ったアナゴの胃袋を見ると、カニやエビなどの甲殻類が高確率で入っている。消化がしにくいからなのか捕獲しやすいからなのか、特別好きなエサなのかは不明。



【釣り方】

◦エサ釣り
ブッコミ釣り。防波堤からオモリを付けて仕掛けを投入し、魚信を待つ。
エサは、生きているハゼ、小さいカニ、エビ、サンマの切り身、サバの切り身等
サンマの切り身がもっとも使われるし、成果も高い。




【釣る時間】
夜行性の為、夜。
日没から22:00頃までが良いとされている。

【有毒魚】
アナゴの血には微量ながら毒があります。
しかし、60℃以上加熱することで無毒化しますので、しっかりと火を通した調理で食べる様にしましょう。


【関連項目】
アナゴ -ブッコミ釣り-
マハゼ
ドバミミズ
ウナギ −ブッコミ釣り−
ウナギ −穴釣り−








posted by マチャ at 12:17| 海・防波堤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする