2016年03月16日

【オニダルマオコゼ】

オニダルマオコゼ.jpg

【名前】
オニダルマオコゼ (鬼達磨虎魚)
アーファ
アカドラ
アーバイズなど


【国内の生息域】
インド洋や西太平洋などの海底の砂泥底など。
沖縄県
鹿児島県
宮崎県等
温かい地方の海の浅瀬に生息。

【生態】
沿岸のサンゴ礁域や岩礁域に生息し、底性で砂底や砂泥底に多く見られ、待ち伏せして魚を捕食する。
時には潮だまりのような浅い場所でも見られる。

【体長】
最大30p程になる。


【釣期】
通年

【食性】
魚類など



【釣り方】書かなくて良し
◦ルアーフィッシング
 魚食性のため、ルアーで釣れる事がある。

◦餌釣り
 ハマフエフキの外道として釣れる。(ブッコミ釣り)


【釣る時間】
日中

【毒】
 背鰭の棘条は毒腺と連続し、強力な神経毒を分泌する。オニオコゼ亜科の仲間はすべて背鰭に毒腺をもつが、本種はとりわけ毒性が強く、刺された人を死に至らしめることもある
 

【関連項目】
オニオコゼ
ゴンズイ
ハオコゼ

【関連動画】
posted by マチャ at 15:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。