2016年03月30日

【チチブ】

チチブ.JPG

【名前】
チチブ(正式名称)

地方名:
カワハゼ(和歌山)、ドンコ・カジカ(愛媛・混称)、ゴリ(高知・混称)、ゴモ(鹿児島)、ゴロ・クロゴロ(茨城)、イモゴリ(石川)、その他・タボハゼなど

【分類】
スズキ目・ハゼ亜目・ハゼ科・ゴビオネルス亜科・チチブ属


【国内の生息域】
本州から四国までの河川の下流や汽水域など

【生態】
河川の下流や汽水域に多く見られるが、チチブは淡水への適応性も高く、河川の中流域などでも見られる。隠れ場所となる礫や転石のあるようなところに多く、縄張りを張り、底性の小動物などのほか藻類なども食べる。
また、水の汚れにも強いほか、海に下らずに、湖などに陸封されたものも知られている。

産卵期は5〜8月頃で、この時期の雄は体色が真っ黒になり、背びれの棘も長く伸びる。
雌では明色となり、雄が縄張りを張った石の下などに産卵する。

【体長】
9〜12p
最大12p程になる。


【釣期】
厳寒期を除く春から秋まで。
秋が最盛期で最も釣りやすい。


【食性】
雑食性で、小魚、甲殻類、虫、藻等を食べる。


【釣り方】
◦ルアーフィッシング
 ハゼ用のクランクベイト、小型ミノー、小型メタルジグ、ジグヘッドリグ等で釣れる。

◦餌釣り
 ミャク釣り、ブッコミ釣り、ウキ釣り
 エサは青イソメでも良いし、ミミズでも良く釣れる。



【釣る時間】
時間を選ばず釣れるが、朝から夕方までの日中が釣りやすい。


【関連項目】
ハゼ −ミャク釣り−
posted by マチャ at 09:24| 汽水域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする