2016年04月12日

【カワハギ】

カワハギ.png

【名前】
カワハギ (皮剥)
ハゲ(関西)
スブタ(名古屋)
ツノコ(鹿児島)
ゲバ(神奈川)
センバ・コオモリ(島根)
その他・アオモチ、マルハゲ、ホンハゲ、メンボウ、マサカリなど



【国内の生息域】
北海道以南の全国沿岸。
南方のほうが比較的数が多い。


【生態】
沿岸近くの浅場から水深100m位までの岩礁と砂地のまじったような所に多いが、時には水深200m位のところにも生息している。

産卵期は5〜8月。


【体長】
最大25p程になる。


【釣期】
沖釣りではほぼ周年。
堤防や磯では、産卵のために浅場にやってくる夏から秋にかけてがメイン。


【食性】
小型の甲殻類や環形動物などの動物質を食べるが、貝やウニなども頑丈な歯で噛み砕いて食べてしまう。

砂底に隠れている餌などは、口に水を含んで砂に吹き付けて探し出すが、カワハギはクラゲなども食べる。



【釣り方】
◦ルアーフィッシング
 あまり一般的ではなかったが、パワーイソメ等の匂いのあるワームを使って釣られている。
 口が小さいので、ルアーの種類は限られる。

◦餌釣り
岸からの投げ釣り、ドウヅキ仕掛けのブッコミ釣りでねらう。
沖釣りでも3本バリ前後の仕掛けにアサリのエサでねらうことが多い。
その他・シジミ、アオイソメ等のイソメ類、オキアミ

【釣る時間】
日中
 
 

【関連項目】






posted by マチャ at 10:54| 海・沖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。