2015年05月22日

【レイクトラウト】

レイクトラウト.jpg

【名前】
レイクトラウト


【国内の生息域】
栃木県の中禅寺湖に限定される。


【生態】
 レイクトラウトはイワナ属の中では最も大きく、冷たくて、酸素が豊富な水に依存している。
 レイクトラウトは湖において夏間は表層にいるが、しばしば水深20–60 mに棲んでいることもある。
 夏の期間、表層に餌となる小魚がいない。これらの湖ではレイクトラウトはプランクトンを食糧とする。プランクトン食性のレイクトラウトは個体数が非常に多く、非常にゆっくり成長して、そして小型のまま成熟する。深層に餌となる小魚がいる湖では、レイクトラウトは魚食性になる。
 時にカワマスとの交雑種が発見される。(スプレイク


【体長】
世界記録157.5cm 46.3s
中禅寺湖(日本記録)105cm 15s



【釣期】
 4月から9月頃まで。(10月以降禁漁の為)



【食性】
プランクトン食性の個体と魚食性の個体がいる(環境によって変化するものとみられる)




【釣り方】
◦ルアーフィッシング
スプーンやミノーを使ってのルアー釣りが主流。
岸から狙えるのは岸に寄ってくる初春と晩秋と言われている。
重めの10〜25グラムくらいまで使用している。


◦フライフィッシング
ストリーマー等、小魚系のフライ等
深い場所にいるため、シンキングラインで狙う。
岸から狙えるのは岸に寄ってくる初春と晩秋と言われている。


注)中禅寺湖ではエサ釣りが禁止されているので、ちゃんとルールを守って釣りをする必要がある。他にもトローリングで釣る方法もあるようだが、厳密にいってトローリングは遊漁でなく「引き縄漁」になるため、一般の人たちが勝手にすることはできない。

【レイクトラウトを釣るためのDVD】どうしても釣りたい人は必見


その他、レイクトラウトで使用される最強スプーンは↓こちら 16〜19gがおススメ!



【釣れる時間帯】
早マヅメ夕マヅメの時間帯。
日中でも釣れます。




【関連】
イワナ
サケ
ヤマメ
スプレイク
タイガートラウト
ブラウントラウト
ジャガートラウト








posted by マチャ at 14:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

【スプレイク】

スプレイクトラウト2.jpg

【名前】
スプレイク
ウェンディゴ


【国内の生息域】
レイクトラウトとカワマスの交雑種であるため、自然界において生息している可能性があるのは、栃木県の中禅寺湖に限定される。
(スプレイクがいるかどうかは確認されていない)



【生態】
 山間部の冷水を好み、水質に敏感な為、特にきれいな水が流れる小川、湧水湖等に生息するイワナ属。
 雄のカワマスと雌のレイクトラウトを交配して誕生した雑種である。
 雌のカワマス(と雄のレークトラウトの雑種の組み合わせは導入はされたが、良好な結果は得られていない。
 スプレイクは両方の親種の特徴を兼ね備えている。
 どちらの親種よりも高い成長率を示して、2歳半という仔魚で放流されて2年後には46cmに達する。




【体長】
最大80p



【釣期】
 4月から9月頃まで。(10月以降禁漁の為)



【食性】
小魚や水生昆虫又は羽虫、カエルやサンショウウオ等の両生類。時にネズミなどの哺乳類等と完全な肉食性。
 



【釣り方】
◦ルアーフィッシング
スプーンやミノーを使ってのルアー釣りが主流。


◦フライフィッシング
ストリーマー等、小魚系のフライの他、ドライフライ、ニンフ等幅広い。



【釣れる時間帯】
 昼の時間帯。




【関連】
イワナ
サケ
ヤマメ
レイクトラウト
タイガートラウト
ブラウントラウト
ジャガートラウト









posted by マチャ at 09:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

【ヒメマス】

【オス】
ヒメマス オス.png

【メス】
P1000143.jpg


【名前】
ヒメマス(姫鱒)
ベニザケの陸封型の名前



【国内の生息域】
北海道の阿寒湖 
青森県の十和田湖
栃木県の中禅寺湖・湯の湖
神奈川県の芦ノ湖
山梨県の西湖 本栖湖
長野県の青木湖などに移入され生息している


【生態】
 低水温を好み、10℃から13℃程度の水温が適温。
 魚期の耐酸性が低いため酸性度の強い水域への移植には失敗している。
 ベニザケ同様に孵化後3年から4年で成熟し、9月下旬から11月上旬にかけて湖岸や流入河川の砂礫に産卵する。
 また、ヒメマスの降海型を「ベニザケ」という。

【ベニザケ】
benizake.jpg


【体長】
最大50p程になる。



【釣期】
格水系、湖の漁業期間に従う
(春から秋)




【食性】
動物プランクトンのボスミナ類やミジンコ類
ユスリカ幼虫、ワカサギなど



【釣り方】

◦ルアーフィッシング
 スプーンが主流。
 
 
◦フライフィッシング
  ニンフ等の沈めるフライや、ストリーマー等の小魚に似せた物がメイン。


◦エサ釣り
 ミャク釣り
  エサは、イクラ、サシ、エビ等
 
 サビキ釣り
  ボート等からヒメマス用のサビキ仕掛け等を投入し、ゆっくり引っ張りながら使う。いわゆるトローリング。(ヒメトロ)とも言われる。泳いでいる泳層を探し、アタリがあった深さを覚えておくと良い。ラインにマーカー等で目印を付けておくのも手だ。
  エサは、サシ、アミエビ、ブドウ虫、イクラ等



【釣る時間】
日中。


【関連項目】
ヤマメ
ヤマメ −ミャク釣り−
カワサバ
カワマス
ジャガートラウト








posted by マチャ at 11:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。