2016年04月13日

【メジナ】

メジナ.jpg

【名前】
メジナ (眼仁奈)(正式名称)
グレ

クシロ(静岡)
チカイ(北陸)
クロヤ(舞鶴・山口)
グレ(関西)
クロアイ(山陰)
クロ(岡山)
ツバクロ(愛媛)
クロ・クロダイ(北九州)
シツオ(鹿児島)、その他・ツカヤ、クロメダイなど


【国内の生息域】
北海道南部以南
沿岸の浅い岩礁域など


【生態】
メジナは沿岸部の浅い岩礁域に生息する代表的な磯魚で、小さな群れをつくって生活している。
岩の間などに潜み、甲殻類のほか海藻などを食べるが、雑食性であるほか、冬は海藻、夏にはエビなどの小動物を主に食べる。
産卵期は2〜6月頃で、幼魚は潮溜まりなどでも見られ、背が青味を帯び、腹面は銀白色をしている。
若魚は防波堤や漁港などでも見られるが、大型は磯に付く。


【体長】
最大50p程になる。


【釣期】
周年

【食性】
雑食性で、海藻やオキアミ等


【釣り方】
◦餌釣り
 ウキ釣り・フカセ釣り
 コマセで寄せ、オキアミで釣る。


【釣る時間】
明け方から日没までの日中


【関連項目】
クロダイ






posted by マチャ at 10:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【クマノミ】

クマノミ.jpg

【名前】
クマノミ (隈魚)(正式名称)

トンボダイ(和歌山)
ハチマキ
チンチクリ(高知)
ヤハゲ(愛媛)など


【国内の生息域】
本州中部より南のサンゴ礁などに生息


【生態】
クマノミは日本近海の浅いサンゴ礁域などでよく見られる普通種で、群れで生活し、エビ等の小型の甲殻類や藻類を食べる。

他の同属と同様、大型の捕食魚から身を守るために、サンゴイソギンチャクやハタゴイソギンチャク、センジュイソギンチャク等と共生する習性があるが、これは幼魚の時からイソギンチャクと接することで免疫を付けたもので、生得のものではない。
また、クマノミは一方的にイソギンチャクを利用するのではなく、時には死んだ魚などをイソギンチャクに運んでくることも知られている。

またクマノミは、ベラのように性転換を行うことも知られている。
雄性先熟で、生まれたものはすべて雄であるが、群れの中の雌(体が最も大きい固体)が死んだりすると、体の一番大きな雄が雌に性転換する。
繁殖は、この性転換した雌と次に体が大きな雄とがつがいになって行われるが、残りのものは繁殖に参加しない。
産卵期は夏で、イソギンチャクの近くの岩場や貝殻に産卵し、ふ化するまでの間は雌雄で卵の世話をする。
【卵の世話をしている様子】


【体長】
10〜15p

最大15p程になる。


【釣期】
あまり狙って釣られないが、春から秋までの温かい季節

【食性】
雑食性で、海藻や小型の甲殻類等を食べる。

【釣り方】
◦餌釣り
ミャク釣り、ブッコミ釣り等で釣れる事がある。エサはオキアミ等。


【釣る時間】
日中

 
 

【関連項目】







posted by マチャ at 09:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

【オニダルマオコゼ】

オニダルマオコゼ.jpg

【名前】
オニダルマオコゼ (鬼達磨虎魚)
アーファ
アカドラ
アーバイズなど


【国内の生息域】
インド洋や西太平洋などの海底の砂泥底など。
沖縄県
鹿児島県
宮崎県等
温かい地方の海の浅瀬に生息。

【生態】
沿岸のサンゴ礁域や岩礁域に生息し、底性で砂底や砂泥底に多く見られ、待ち伏せして魚を捕食する。
時には潮だまりのような浅い場所でも見られる。

【体長】
最大30p程になる。


【釣期】
通年

【食性】
魚類など



【釣り方】書かなくて良し
◦ルアーフィッシング
 魚食性のため、ルアーで釣れる事がある。

◦餌釣り
 ハマフエフキの外道として釣れる。(ブッコミ釣り)


【釣る時間】
日中

【毒】
 背鰭の棘条は毒腺と連続し、強力な神経毒を分泌する。オニオコゼ亜科の仲間はすべて背鰭に毒腺をもつが、本種はとりわけ毒性が強く、刺された人を死に至らしめることもある
 

【関連項目】
オニオコゼ
ゴンズイ
ハオコゼ

【関連動画】
posted by マチャ at 15:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする