2015年06月23日

【マゴチ】

P1030133.JPG

【名前】
マゴチ


【国内の生息域】
宮城県〜鹿児島県(種子島まで)の太平洋岸、日本海沿岸、瀬戸内海、東シナ海

【生態】
 沿岸からやや沖合の砂底、砂泥底に生息する。幼魚・若魚期には河口域にも良く見られる。生息水深は30m以浅に多い。産卵は初夏で、このころに浅瀬に寄り、汽水域にも進入する。寒い冬の時期はやや深場に移動する。
 


【体長】
最大100p 程になる。
平均40p程


【釣期】
初夏から秋までが釣りやすい
6〜9月が最盛期


【食性】
肉食性。
小魚や甲殻類、ゴカイなどの虫エサ、小型のタコやイカを捕食する。


【釣り方】

○ルアーフィッシング
 シンキングミノーや、シンキングペンシル、ジグヘッドリグなど、底を攻められるルアーが良い。
 

○餌釣り
 ブッコミ釣り。エサはアオイソメ、ゴカイ、サバやサンマの切り身などが使われる。
 ドジョウ イカナゴ コウジ ユムシ、ホンムシ、アオクラ、タイムシ、コージ、ユムシ、シャコ等も実績はある。


【釣る時間】
時間を選ばず実績がある。
日中でもルアーに良く反応する。



【関連項目】
シーバス
ヒラメ






posted by マチャ at 07:55| 砂浜(サーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。